男性

精神の病を治療するならプロにお任せ|うつ病には気をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近おかしいと感じたら

ナース

発症前におこるサイン

人は誰でも日常生活において何となく気持ちが晴れない、何をやっても楽しくないなどといった経験があるのではないでしょうか。しかしこのような落ち込んだ状態がなかなか回復せず、数週間以上も続くようならうつ病の可能性が疑われます。気の持ちようだと世間では言われることもありますが、このうつという症状は過剰なストレスと体のバランスによって、脳内の気分を調整するセロトニンなどの神経伝達物質に栄養がいかず崩れた状態になっています。つまり脳細胞の空腹状態と考えられます。そしてうつ病は周囲の人の理解はもちろん、自分でも自覚症状がない病気です。そのため治療によって脳細胞に栄養を送りバランスを調整する必要があります。うつ病は症状の現れ方によって個人差があり、大うつ病性障害と双極性障害のタイプに分けられます。大うつ病性はうつだけが現れるもので、興味や関心が低下して無気力になった症状のほかに、食欲低下、不眠などといった体の不調が現れます。双極性障害の場合、元気がよくなった状態とうつ状態の2つの感情の波が交互に現れるのが特徴です。

うつの種類と治療方法

それぞれうつと双極性障害は原因や経過だけでなく、薬や治療法も基本的に異なるので注意が必要です。うつの治療では休養と服薬治療、精神療法で進められ、軽い症状の場合はカウンセリングだけで完治するケースもあります。基本は十分な休養をとって、適度なストレスや負担で疲れ切った心身をゆっくり休めることが、治療において最も大切です。うつ病患者さんの場合、真面目な方が多く休んではいけないと考える方が多いため中々休みを取りたがりません。ですが休養によって栄養を補給することが一番大切なのです。そして十分な休養と同時に精神安定薬などで体の中に生じた異常を修正していきます。治療は抗うつ薬で減少してしまった神経の伝達細胞、セロトニンやノルアドレナリンを増やす治療を行います。また治療には患者さんの考え方やストレス耐性など見直す精神療法なども組み合わせます。そして治療期間は個人差もありますが急激に改善されていくわけでなく、効果が現れるまでに通常2週から1か月かかるといわれています。よくなったり悪くなったり繰り返しながら少しずつ治療効果が現れるので、繰り返しを予防し状態を安定させるためにもきちんと治療を同じ医師の元で継続することが重要になります。また家族など身近な方がいち早く気付くことで早期発見になるので、うつ病は初期に適切な治療をすれば生活に影響はありません。正しい知識を持ってまずは医師に相談してみましょう。