男性

精神の病を治療するならプロにお任せ|うつ病には気をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加

気持ちを大事に

診察

うつ病の特徴的な症状としては、真っ先に、極端な抑うつ気分が挙げられますが、実はうつ病の症状はそれだけではありません。実際には不眠等もあります。しかも、この不眠は1日や2日といったものではなく、2週間以上続く程のものです。また、食欲の低下や性欲減退もうつ病の症状とされています。あまり知られていないものとしては、イライラ感というのもあります。うつ病の症状と聞くと、どうしても抑うつ気分に目が向きがちですが、意外にも抑うつ気分と対照的なイライラ感もあります。これは抑うつ気分から派生して生じるものですが、うつ病と言えば、抑うつ気分という先入観があるため、イライラ感からはうつ病を想定できず、発見が遅れてしまいがちとなります。さらに、近年では新型うつや、仮面うつというタイプのものがあり、それらもまたうつとは気が付きにくいものでもあります。特に、新型うつは学校や会社等、特定の場所でのみ症状が現れてくるため、周囲の人にとっては単なる気の持ちようであるものとして片付けられてしまい、治療しないまま放置してしまうケースがあります。

うつ病の症状の治療については、まず、症状が抑うつ気分だけではないということを理解し、不眠やイライラ感、その他、身体症状からうつ病を疑い、医療機関にかかって初めてスタートします。医療機関での治療は主に抗うつ薬を処方し、それを服薬することが第一となります。それで、ほとんどの場合、この治療法で回復に至りますが、抗うつ薬でも思うような効果が得られないような場合や、再発の可能性がある場合は、カウンセリングや精神科デイケアの利用を勧められます。カウンセリングは医療機関常駐の臨床心理士によって行われますが、その中で、問題解決に向けて話し合ったり、認知行動療法という心理療法を駆使して、考え方をポジティブな方に変えていったりします。精神科デイケアでは、再発予防や、ストレス耐性を付けるため、病気についての理解を深める心理教育等のプログラムに参加したり、ソーシャルスキルストレーニングというプログラムで対人コミュニケーション能力を身に付けたりします。こうしたことから、もし、カウンセリングや精神科デイケアに関心を持ったなら、医療機関でそれらのサービスを受けることができるか確認してみると良いでしょう。