放っておいても治らないうつ病の症状

精神の病を治療するならプロにお任せ|うつ病には気をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつの対処法

頭を抱える人

うつ病は一生治らない病気ではありません。人によってうつの種類も違いますから、症状に合わせて治療を進めていくことが必要になるでしょう。身体と心のバランスが崩れてうつになることがほとんどなのでストレスを溜めすぎないように意識することも大切です。

もっと読む

うつの症状と治療

男性

うつ病は、大きなストレスや悲しみが原因となって、倦怠感や絶望感、吐き気や頭痛など様々な症状をもたらしてしまう疾患です。治療方法としては、抗うつ剤を使用する方法やカウンセリングを行う方法などがあります。自分に合った適切な治療方法を受けることでうつ病を完治させることが出来ます。

もっと読む

心の病の予防

悩む女性

うつ病の原因として考えられる事に、真面目すぎる性格が挙げられます。早く治そうとすると症状が悪化してしまう人もいるので、ゆっくり治療することを心がけていきましょう。

もっと読む

適切な精神療法

カウンセリング

その人に合った薬

うつ病とは脳の神経伝達物質の働きがうまくいかず、感情や思考面と身体に様々な不調が現れる病気です。まず感情面に現れる症状では、以前とは違う否定的なものの見方をするようになったり、弱音や自分を責める言葉などが出てきます。抗鬱や食欲不振、睡眠不足などの症状は日常生活で誰しも経験することです。ですがうつにおける落ち込み方は、普通の気分の落ち込み方に比べ、はるかに重くしかも長期化します。さらに身体や行動面にも症状が現れます。原因のはっきりしない疲労感や頭痛、肩こりなどです。不眠が数週間続いたり食欲不振など、エネルギーが低下した状態になります。初期のころは悲しいという感情が目立ちますが、症状が進行すると、焦りや不安などの感情が強く出るのも特徴です。自分を責めるようになり、怒りやイライラで人間性が変わる場合もあります。こうした状態は周りの人から見ると、やる気がなく怠けている人と思われることが多くなります。そのため身近な家族でもうつ病のサインを見逃してしまうことがあります。周囲の人はこれまでと様子が違う点に気が付いたら、本人に受診するようにすすめましょう。

ストレスとうまく向き合う

うつ病には重い症状が1か月以上続き、日常生活に不具合が出てくるなど、普通の落ち込み方とは異なる症状があります。こういった症状は、感情や思考をつかさどる脳の神経細胞にトラブルがあると考えられます。うつ病の人の脳は神経伝達のセロトニンやノルアドレナリンが不足しており、新しい神経細胞をつくるたんぱく質が減少しているなどの異変がみられます。こうしたことからうつ病は脳の病気とも言え、気分や感情を支配する脳の働きが関係しているのです。対策としてはうつ病は早期に治療すれば治りも早いので、初期の症状を見逃さないことが大切です。治療には休養やストレス除去と薬による併用治療が欠かせません。日本では、抗不安薬、睡眠薬、気分安定薬などが使用されます。これらの治療はそれぞれの患者さんによって内容が異なります。治療してすぐに効果が現れるものではなく、長期で治療を継続する必要があります。担当医師を変えない様に同じ医師の指示に従うようにしましょう。うつ病は、熱や痛みなどの症状が出るわけではないので気が付きにくいですが、辛い精神状態が半月以上続くようなら早めに専門医を受診しましょう。

最近おかしいと感じたら

ナース

うつ病の症状は心と身体の両方に現れます。集中力が低下したり自責などの症状が現れることもあります。また睡眠不足、食欲不振など一つの症状だけでなく身体面にもさまざまな不調が起こります。一人で悩まずに出来るだけ早く医師に相談し治療しましょう。

もっと読む

気持ちを大事に

診察

うつ病には抑うつ気分以外の症状があり、場合によってはイライラ感が症状として現れてくる可能性もあります。それらの症状の特徴を理解して、初めて受診となりますが、治療は主に抗うつ薬の服用が中心となります。それ以外ではカウンセリングや精神科デイケアの利用という治療法があります。

もっと読む